語学の勉強は絶対に必要なのか?

外資系にもいろいろある

結論からいうと、外資系企業へ転職するときに、必ずしも語学力が必要というわけではありません。外資系企業ではネイティブ並みの語学力が必須であると思われがちですが、業種や職種によってはそこまで高い語学力を必要としない場合もあるのです。ただし、営業職や管理職など、人とコミュニケーションをとる機会が多い役職の場合は、ビジネスレベルの語学力を求められます。自分の意見や考えをスムーズに伝えられなければ、仕事に支障をきたしてしまうからです。現時点での語学力に自身がないという人は、外資系企業の中でも高度な語学力を求められない業種や職種を探してみるとよいでしょう。入社後に語学力を磨き、ステップアップするのもおすすめです。

語学力をあまり必要としない業務とは?

日本人の従業員の割合が多い外資系企業では、高度な語学力を必要としないケースが多いようです。外資系といっても、日本との共同出資で設立された企業もあり、経営は日本人に任せているというところも珍しくありません。そのような外資系企業では、社内でも日本語が飛び交っており、最低限の英語の読み書きができれば問題なく業務を遂行できるでしょう。他には、人と接する機会がほとんどない技術職なども、高い語学力を求められない職種です。ただし、業務に関する英文メールを理解でき、外国人の同僚ともコミュニケーションをとれるような、日常会話レベルの語学力は備えておいたほうがよいといえます。日常会話レベルなら、そこまで大変ではありませんよね。