外資系の会社へ転職する事を考えている人は、今まで慣れ親しんできた企業とどのような点が違うのか、とても気になるのではないでしょうか。そんな人に向けて、外資系企業の特徴や日本企業との違いについて詳しく伝えていきます。興味がある人は参考にしてください。

外資系転職をする際の注意点

外資系企業へ転職したいと考えているならば、転職の準備を進める前に知っておくべき事があります。仕事への考え方や、普段の付き合いについてなど、日系企業と異なる点について伝えていくので、詳しく知りたい人はこの記事を参考にしてください。

外資系転職をするメリット

外資系企業へ転職するかどうか迷っている人や、選択肢の一つとして考えている最中だという人は、転職後にどんなメリットがあるのか気になるのではないでしょうか。日系企業に転職する時と比べてどのようなメリットがあるのかという点や、転職によって労働環境がどんな風に変わるのかという点を詳しく伝えていきます。

向上心がある人が注目するべきメリットとは?

外資系企業のメリットとして挙げられる一つが高収入が期待できるという点です。外資系企業の場合、月給制で賞与がある一般企業とは違い、年俸制を導入している所が多く、収入ベースでは外資系の方が高く設定され…

Learn more

労働環境の面からみたメリットとは?

外資系転職を労働環境の面から見て、一番大きなメリットと言えるのが収入の高さです。外資系では多くの企業が年棒制を採用しており、提示された報酬は12分割されて受け取れます。月給制と違い、成果を上げるほ…

Learn more

プライベートの面からみたメリットとは?

この転職時代では日本の企業ではなくて外国の企業へ転職を考える人も増えています。こうした外資系企業へ転職を考える理由は様々ですが、まず給料が高いからということもあるでしょう。外資系は年俸制を採用して…

Learn more

仕事後の同僚との付き合いなどはあるのか?

仕事とプライベートは別という考え方

日本の会社の場合は、仕事が終わった後に同僚や上司と飲みに行くといった付き合いが多く見られます。これは、社員同士でコミュニケーションを深めることが目的になっている場合が多く、中には嫌々付き合わされていると感じる人もいるでしょう。しかし外資系企業の場合は、こうした仕事後の付き合いというものは基本的にないと言えます。外資系企業では外国人が同僚になりますが、彼らは仕事とプライベートをしっかりと分けているので、仕事後は家族と過ごすといったプライベートな時間を大切にするのです。そのため、外資系企業に勤める外国人には、仕事の後まで同僚と付き合うといった日本的な考えや習慣がそもそもないということが言えるでしょう。

付き合いが苦手な人に向いた職場

外資系企業の場合は、プライベートで同僚と付き合うという習慣がないので、社内での付き合いがビジネスライクになりがちです。そのため、日本の会社に慣れ親しんだ人からするとドライな感じがしてしまうかもしれません。しかし、そうした同僚との付き合いがあまり好きでない人にとっては、外資系企業はいい転職先だと言えるでしょう。もちろん、外国人が集まる外資系企業だからといって、全く付き合いがないわけではなく、気が合う者同士であれば、食事に行ったり自宅に招くなど、自由に付き合うことも出来ます。ただし、いくらビジネスライクの付き合いでも、人間関係をおろそかにすると仕事にも支障が出ることもあるため、適度なコミュニケーションを取ることは必要でしょう。